• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

朝日小学生新聞

朝日小学生新聞
東大蛍雪会では、 朝日小学生新聞に「中学受験コラム」を連載させていただいております。
志望校合格を目指す小学生の生徒様が中学受験を乗り切るためのコラムです。

第159回 2021年1月:「1月の勉強法」

Pocket

東大螢雪会 朝日小学生新聞掲載
中学受験のためのコラム
(担当)東大螢雪会 学生講師

氏名:中野 友梨
現在の所属名:東京大学文科Ⅲ類1年
出身高校名:私立桜蔭高校
出身中学校名:私立桜蔭中学校
本文タイトル:1月の勉強法

みなさん、あけましておめでとうございます。そしてはじめまして。今回よりこの中学受験コラムを担当することになりました、中野友梨です。一年間よろしくお願いします。

年も明け、6年生の皆さんは受験に向けてラストスパートをかけていることでしょう。今回のコラムでは、受験直前期のおすすめの過ごし方について書かせていただきます。

まず、勉強の仕方ですが、今までやってきたことの復習を中心にするべきです。ギリギリになってから新しい問題集に取り組んでも短期間では身につきませんし、思うように解けなかった場合は逆効果になってしまいます。受験ではたいていの場合、満点を取る必要はないですし、難しい問題は多くの人が解けません。「今まで学んだことだけは絶対に忘れない!」という意識で進めていくのがおすすめです。

また、ご存知だとは思いますが、各学校によって問題のカラーも時間配分も違ってきます。自分の志望校ではどのような問題が出やすいのか、どのような時間の使い方をすればよいのか、最後に何度も振り返ってみましょう。本番のつもりで時間を区切って過去問を解いてみるのも効果的です。

さらに、受験当日のタイムスケジュールなども確認しておきましょう。今年度は特に、面接などが昨年度と異なるという学校も多いので、当日に焦ることのないよう、保護者の方や先生方と一緒に確認しておくとよいと思います。

最後に、私が一番大事だと思うのは、実は「勉強しすぎないこと」です。体調を崩して、試験当日に今まで学んできたことを出し切れなければ元も子もありません。自分を追い込みすぎないで、しっかりと食事と睡眠をとり、今までやってきたことを信じて可能な限り自分を甘やかしてみてください。目標に向けて頑張り続けられたというのは無条件に素晴らしいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。このコラムを読んでくださった方全員に桜満開の春が訪れることを祈っております。