• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。フリーダイヤル 0120-3150-54年中無休
9:00〜22:00

中村 公彦 君 慶應義塾大学医学部3年(慶應義塾志木高校卒)

Pocket

Q1 大学生活は充実していますか?
非常に充実しています。医学部といえば勉強ばっかりとお思いの方も多いと思いますが、ほとんどの学生が医学部体育会に所属していて、頭も体も鍛えています。実際、私もラグビー部に入り週3日は授業の後に練習をしています。部活の練習がない日はアルバイトをしたり、勉強をしています。日曜日は試合があることが多いので、あまり遊ぶことはできませんが、充実した日々を送っています。
Q2 大学での勉強において、どのような点が楽しいですか?
もちろん様々な先生方の講義を受けるのも新鮮で楽しいですが、やはり解剖実習が特に興味深いです。人体の隅々まで知ることができ、その緻密な構造には日々驚かされています。
Q3 大学での勉強において、どのような点に苦労していますか?
やはり、求められる知識量の多さです。1年生の時は数学や物理など高校の延長のような勉強ばかりでしたが、2年生になり本格的に医学を学び始めて、覚えなければいけない知識量の多さに圧倒されています。でもこれがやがては臨床につながるのだと思うと、決して手は抜けません。
Q4 部活でのエピソードを教えてください。
思い出深いのは夏の菅平合宿です。毎日試合でくたくたになりながらも、みんなで励ましあって乗り越えた後の達成感は最高です。大学に入学して、部活の仲間という最高の財産を手に入れました。
Q5 今から振り返ると、螢雪会での勉強はどうでしたか?
辛いこともありましたが、楽しかったと思います。自分の人生が決まるかもしれない受験に追い詰められて勉強するのはやはり辛いものです。しかし、そんな中でも螢雪会の講師の方々はうまく私をナビゲートしてくれて、合格を勝ち取ることができました。本当に有り難うございました。
Q6 螢雪会で勉強したことは、大学生活に役立っていますか?
非常に役立っています。特に生物は細かいところまで教えていただいたので、今でも役に立っています。また、勉強の内容だけではなく、「基礎から理解する」という螢雪会で学んだ勉強へのスタンスも医学を勉強する上で非常に役に立っています。
Q7 将来の抱負を聞かせてください。
外科、小児科、脳外科のいずれかに進みたいと考えています。どの科に行くにせよ、その分野では誰にも負けない医師になり、一生懸命患者さんを治療したいと考えています。そのためにも、学生時代からしっかりと学んでいきます。