• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。フリーダイヤル 0120-3150-54年中無休
9:00〜22:00

社会

Pocket

中学生向け 社会の学習の進め方

高校受験のための社会の勉強法を身につけるためには、覚えるべき知識をポイントにまとめて整理して学習するとともに、歴史や公民では単なる知識ではなく、背景も含めた繋がりのある知識として捉えることが必要です。そうすることによって、一つ一つの知識がきれいに整理され、それぞれの知識の関連付けが明確となり、記憶に定着しやすいてものになります。

例えば、地理においては各地域の地形、気候等のポイントをまとめる、歴史においては、時代背景までも含めた理解を深める、公民においては現在の世界情勢に注意を払う、といったことが必要となり、これが難易度の高い問題への鍵になるのです。

一方、中学生の社会のために塾へ通って勉強を進めている方々も多いと思います。集団塾の多くの授業においては、単元毎に授業が編成されているために、単元間の関係性が見えづらいものとなっております。そのため、例えば、歴史においては、「このような政治であったので、このような経済となった。そのため、このような文化が起こった」というような関係性に着目する必要があります。

しかし、集団塾においては、このような各単元の関係性に着目した授業はあまり行われていないようです。マンツーマン指導の中では、各単元の関係性をしっかりと確認しつつ、身近にある事例を挙げて具体的な説明を交えながら、指導を進めることができます。高校受験の社会を個別指導で勉強される方々はこのような勉強をされております。

学習の進め方 総評

社会は理科と同様に、一般入試において、公立高校と国立高校では出題されますが、私立高校では開成高校のみでしか出題されません。また、理科が出題されない私立高校でも、内申を重視するような高校を受験する場合や推薦入試に挑戦する場合は、定期試験で相応の成績を残す必要があります。
将来、受験校をどこにするのかが決まっていなくても、まずは定期試験でしっかりと結果を残すことが目標となりますので、その対策として学習に取り組むべきでしょう。
社会が理科と違う点は、社会のほうが覚えるべきことがはるかに多い一方で、覚えてしまいさえすれば安定して得点ができる点です。定期試験に向けて勉強する際は、ひとつひとつしっかりと覚えることを心掛けてください。そのことが受験にも繋がります。

1年生:学習の進め方
2年生:学習の進め方
3年生:学習の進め方

推薦図書:社会