• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。フリーダイヤル 0120-3150-54年中無休
9:00〜22:00

国語

Pocket

中学生向け 国語の学習の進め方

中学の国語では、現代文では論説文が多くなり、論理的に文章を読み解くことが求められます。また、文法や漢字の知識も幅広く必要となります。さらには、古文も学習しなければなりません。これらにしっかりと対応し、難易度の高い中学生の国語の問題でも正解を導くためには、高校受験の国語の勉強法が定着していなければなりません。

そのためには、漢字の書き取り練習といった地道な作業、文章を丁寧に読解すること、正しい表現による記述力を養うことといった高校受験の国語の勉強法が身に付いた上で、付け焼刃の勉強ではなく継続的な勉強をしっかりと行うことができれば、中学生の国語の問題のほとんどを解くことができるようになるのです。

一方、中学生の国語のために塾へ通って勉強を進めている方々も多いと思います。学校の授業内容の補習や高校受験のための指導を受け、膨大な量の宿題をこなすこととなります。そのような流れの中にいると、問題を次々に解くことに重点が置かれてしまい、自らの弱点に気付くことなく、さらには、読解力や記述力が養われる前に次の問題に取り掛かってしまう癖が付いてしまうことがあります。

文章中の鍵となる部分の読み飛ばし、筆者の考えの読み違いなどの致命的なミスをしてしまった場合には、どうしてそのようなミスをしてしまったのかを検証する必要があります。また、記述問題における自らの解答が正しいのか否かを検証する必要もあります。それらを行うことによってはじめて、自らの弱点を攻略することができるようになります。高校受験の国語を個別指導で学習する意義はここにあります。

学習の進め方 総評

国語の学習は、漢字を身につけること、語いを豊富にすること、文章を読解できるようになることが中心です。もちろん、漢字は読むことができるだけではなく、書くことができるようにもしなければなりません。さらに、古文と漢文も学習しなければなりません。これらのうちで一番実力がつくのに時間を要し、実力差が出てしまうのが読解です。
中学校に入学するまでの読書量には個人差があり、小学校では集中して国語の勉強に取り組むことはあまりないので、毎日どのような国語の環境で生活してきたかが、はっきりと成績に表れてしまいます。例えば、勉強しなくても読解ができてしまう生徒がいますが、これは環境の差によるものです。

したがって、受験のため、ということはあまり考えずに、まずは読書を始めることが大切です。最初は興味のある分野に関する文章から始めて、文字を読むことに抵抗がなくなり、速く読むことができるような力を身につけてほしいと思います。そして、徐々に大人を対象とした文章に取り組むようになると、文章中に使用される言葉がこれまでとは異なってくるとともに、内容も複雑になるため、自然に読み取る力が要求され、鍛えられます。これらの力は大学入試でも必要です。

また、高校受験を視野に入れている生徒は中学校の3年間でしっかりと読解ができる力をつけなければなりません。高校受験では、50分程度の限られた時間の中で、一定量の文章を読み、設問に答えるという力を磨く必要があります。そのために文章の読み方を問題演習で学ぶことが学習の中心になります。
趣味としての読書はただ筋を追っていくだけでも構いませんが、試験の問題文として読む文章は、読み手が積極的に読んでいかなければいけません。問題文を読む際には、以下の①と②を注意すべきです。

① 常に作者が何を言いたいのかを捜すつもりで読むこと

具体的には、文の結びに「~と思います」、「~と考えます」などとあれば、当然、作者が言いたいことが書いてあるはずです。ただし、文の結び方は、作者によって色々な表現があるはずですから、単純に「~と思います」、「~と考えます」というところだけを見ればよい、などと記憶しては絶対にいけません。問題文を読んでいて、自分が何かを主張したい時にはどんな表現をするかな?と自分に問いかけながら読めばいいのです。

② 論理を展開するための表現を見逃さないこと

具体的には、問題文中に「~についてどう思いますか」、「~があっていいのでしょうか」などと書き、作者が読者に問いかけをした後で、それに対する作者の答がないわけがありません。こういう問いかけは、読者に問いかけることで問題提起をし、さらに作者の考えを述べていくという論理を展開するためのきっかけを作るポイントになります。ただし、これも読解のテクニックとして記憶する必要はありません。日常会話において、友人が「~をどう思う?」と問いかけてきた時、それに答えようとした相手の発言をさえぎって全く違う話を始めたら、この話し手は少し変だと誰もが思うのと同様、文章を読む時でもその常識を発揮してくれればよいのです。

①、②より言えることは、読解は、作者と読み手の会話だということです。作者が文字で様々な問いかけや主張をしてきたことを、読み手である私たちが、漏らさず拾ってあげればよいのです。よく文中の接続詞に注意するように言われますが、それは単なるテクニックではなくて、むしろ当然のことです。直接には会話できない以上、話題を変える時や言い換えをして強く意図をアピールしたい時などは、接続詞で読み手の興味を引くしかありません。文頭の目立つところに置かれている接続詞を意識することで、作者の意図をしっかりと汲み取ることができると、論理展開を先取りして読むこともできます。

以上のように、作者の意図をいかに漏らさずに汲み取るかを勉強するために問題を解くわけです。したがって、趣味の読書のように漫然と読んでいては、何の勉強にもなりません。作者が何を言おうとしているのか、一文一文に神経を使って読み、作者の意図したことを身落とさないようにすることが大切です。正しく読むという練習は、作者の意図を読み取ろうとして集中して読むということです。
作者の意図が分かるところに線を引きながら読解していくことができるようになれば相当な実力がついていることになります。勉強が進むと、自然に大事な箇所を見つけられるようになりますので、そうなるまでは、先生に設問の正解を解説してもらうより、問題文に気を使って正しく読めているかをチェックしてもらう方が実力がつきます。

このような、神経を使って読む姿勢が一人では勉強しずらいので、いわゆる「読解のテクニック」というものを売り文句にする本が存在するのです。たとえ、これらの本でテクニックを学んでも、その背後にある読み方の姿勢ができていなければ、全ての問題文を読解できるという汎用性は身につきません。その点を注意して、こういった本を利用してください。

したがって国語の読解の勉強は、その時その時のレベルにあった問題文を選ぶということに気をつければ、どの学年でも学習内容はほとんど変りません。それは、試験時間内に作者の意図を見逃さずに問題文を読みきることを意識して、問題を解くことです。

1年生:学習の進め方
2年生:学習の進め方
3年生:学習の進め方

推薦図書:国語