• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。フリーダイヤル 0120-3150-54年中無休
9:00〜22:00

漢文

Pocket

漢文 日常学習

1.勉強の進め方

漢文の書き下し文は、古典中国語を日本語の古文で翻訳したものです。したがって、漢字を読む順序が把握できれば、やさしめの古文と考えられる場合が多いです。ただ、漢文特有の表現もあるので、古文の文法を一通り頭に入れてから、漢文に取り組んだほうがわかりやすいですが、細かい古典文法を知らなければ、漢文が読めないというわけではないので、平行して学習することも可能です。

そこで、漢文学習の大体の段階は、次のようなものになります。

① 返り点と漢文の句法の学習(1ヶ月~1ヶ月半程度)

学校などで漢文の基礎について授業がある場合は、授業に沿って学習すればいいでしょう。自分で勉強する場合には、漢文の基礎の問題集を2~3回繰り返してやり、解説を見なくても練習問題が解けるようにしましょう。

② 精読(1ヶ月~2ヶ月程度)

学校などで読解の授業があれば、授業に沿って進めればいいでしょう。自分で勉強する場合には、基礎的な読解の問題集を15題前後、丁寧に読む練習をしましょう。

③ 多読

ある程度、正確に読めるようになったら、様々な文章を読んで、漢文特有の内容に慣れておく必要があります。

以下、それぞれの段階について詳しく説明します。

2. 返り点と漢文の句法の学習

返り点は古典中国語の文法構造にそって、日本語に翻訳するために読む順序を示したものです。部分的に返り点のついていない箇所をたずねられることはあっても、全く返り点がついていない文章を読まなければいけない場面はありません。したがって、古典中国語の文法自体を細かく知る必要はありませんが、書き下し文にする際に必要なこともあるので、語順が英語に近く、原則的に「主語は動詞の前に置かれる」、「目的語は動詞の後に置かれる」、「修飾語は修飾される語の前に置かれる」など基本的なことは頭に入れておく必要があります。返り点を読む順序自体は、2~3時間練習すれば、すぐに身につくでしょう。

そして、再読文字や受け身・使役などの漢文の句法ですが、読み方と意味をきちんと頭に入れましょう。読み方がわかれば意味もわかるものが少なくないので、まず読み方を正確に頭に入れることが重要です。返り点だけついていて、送り仮名のついていない文章を読めるぐらいまで練習しておけば、ほとんどの場合に対応できます。特に紛らわしいのは、疑問と反語の区別で、漢字の配列や返り点が同じでも、疑問と判断するか、反語と判断するかで、違う送り仮名をつけることになるので、読み方の違いをよく理解しておく必要があります。

3.精読

まず、返り点と送り仮名にしたがって、きちんと読む習慣をつけることが大切です。当たり前のようですが、きちんと送り仮名を読まず、漢字から受ける印象で解釈し読みとばしている人が少なくありません。よく知っている漢字でも、現代語では普通は使わない読み方で使われている場合も少なくないので、しっかり確認する習慣をつけておくようにしましょう。

古文はある程度できるが、漢文は苦手という人は、返り点や送り仮名をきちんと読んでいないことが多いので、注意しましょう。最初は、なるべく音読すれば、読みとばしを防ぐことができます。

また、意味を考えるうえでは、漢文特有の単語をいくらか覚えておくことも必要です。漢文の参考書には重要単語がまとめられていることが多いので、繰り返し目を通して頭に入れるようにしましょう。読み方を覚えれば、意味の見当もつくものがほとんどなので、まず読み方を頭に入れる事が大切です。一部、現代語と意味の違う単語や、現代語では使われない単語もあるので、そのような単語は意味にも注意して、覚える必要があります。特に、「私」や「あなた」にあたる代名詞は、現代語とは違うものも多く、内容の解釈にも影響するので、注意してください。

人名にも注意が必要です。例えば「何安」という人物が出てきたときに、2度目に出てくるときには、姓の「何」や、名の「安」だけで呼ばれることが少なくありません。普通の単語だと思って「何」を「なんぞ」とか、「安」を「やすし」と読まないように気をつける必要があります。

そして、きちんと意味を理解した文章は、繰り返し音読して、読み方と内容になれておくようにしましょう。

4.多読

ある程度、きちんと読む練習になれたら、様々な文章を読んで、漢文の文章の内容に慣れる必要があります。ただ、受験に出題される漢文は、古文ほど内容の多様性はなく、いくらか数をこなせば、話の展開の特徴に慣れてくるはずです。内容に慣れるために、問題を解くとき、解答の正誤だけを確認するのではなく、内容がわかりにくかった部分も、現代語訳や解説を読んで、理解しておくようにしましょう。

ただし、中国の歴史にあまりなじみがなく、登場人物の人間関係や考え方がイメージしにくい人は、国語便覧や世界史の教科書などで、中国史のイメージを作っておいた方がいいかもしれません。

5.問題の解き方

古文の場合と同様に、導入部分の解説や、注のなかに解答の手がかりがあることも多いので、解説や注も、本文の一部だと思ってきちんと読むようにしましょう。

本文中の他の部分にあるヒントを見逃さないことも大切です。読みにくい漢字にはフリガナがつけてありますが、普通は初出のときにだけフリガナがあり、2回目以降にはついていないので、設問部分に読めない漢字があるときには、前に出てこなかったか確認しましょう。

また、設問部分に送り仮名がない場合も、前後に同じ表現で送り仮名が書いてある場合があるので、確認するようにしましょう。
対句も手がかりになります。同じような表現がほぼ同じ文法構造で、書かれているのが対句なので、読み方もほぼ同じか、類似の読み方になります。対句を参考にするためには、前後をよく確認して、対句表現があることにまず気づけるようになっておく必要があります。
訳の問題の場合、古文と同じように、一語一語きちんと確認して、訳すのが基本になります。

漢詩が出題される場合には、よく詩の形式がたずねられます。絶句・律詩の形式について知っておく必要があります。また、漢詩で「空欄に漢字を埋めなさい」という問題は、ほとんどの場合は、韻か対句の問題なので、韻について理解しておくことも大切です。