• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。フリーダイヤル 0120-3150-54年中無休
9:00〜22:00

森 文実講師 <東京大学文学部4年> 12月分

Pocket

 

こんにちは!今年は紅葉も遅く、暖冬という噂もありましたが、ここ数日とても寒い日が続いたり、また少し暖かくなったりと不安定な状態が続いています。皆さんも体調に気を付けてお過ごしくださいね!
さて、センター試験まであと1ヶ月を切り、まもなく本格的な受験シーズンが始まりますね。私もセンター試験の前の週に大学院入試を控えており、英単語を覚えたり過去問を解いたりと、4年ぶりに受験生の緊迫感を味わっているところです。そこで今回は、私の受験体験談を少しお話ししたいと思います。
私は今までの人生で受験を体験したのは中学入試を1回、大学入試を2回の計3回です。1回目の大学入試では、「なんとかなりそう」という全く根拠のない自信を持ってしまった結果、センター試験で躓き、私大受験の準備もできず、二次試験に落ち、浪人することになりました。
敗因を簡単にまとめると、中学受験が比較的あっさりと済んだイメージが頭の中に残っており、同じイメージで大学受験に挑んだ結果、勉強不足で失敗したという感じです。そして1年の浪人生活を経て、再び大学入試に挑むこととなったのですが、今度は昨年の悪いイメージが頭にこびりついてしまい、直前期にはやたらと不安に駆られることとなりました。また去年みたいにセンター試験直前に体調を崩したらどうしよう、どこにも合格できなかったらどうしようと心配事が尽きず、滅多に緊張しない性格にもかかわらず、試験前日は中々寝付けないほど緊張してしまいました。
私がこの3回の受験を通して学んだことは、前の成功体験や失敗体験に引き摺られるな!ということです。大学受験生の皆さんの中には、中学受験や高校受験などの経験がある方も多いと思いますが、以前の受験が上手くいった人もいれば、上手くいかなかった人もいるでしょう。成功体験のある人は過去の栄光に驕るとこなく、失敗体験のある人は負の記憶に惑わされることなく、今の状況を冷静に見極めることが大切です。皆さんが過去のイメージに振り回され過ぎずに試験に挑めますよう応援しております!!