• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。フリーダイヤル 0120-3150-54年中無休
9:00〜22:00

森 文実講師 <東京大学文学部4年> 8月分

Pocket

 

こんにちは!8月も相変わらず酷暑が続いていますね。

私は夏学期のテストや課題提出が完了し、卒論構想会も終えてようやく夏休みに入りました。大学生の夏休みは学校によって異なりますが、世間が完全に夏休みモードな中でレポートや卒論に追われる日々は少しきつかったです。

夏だけに限りませんが、酷暑や悪天候、極寒など厳しい天候が続くと体調を崩しやすくなりますよね!?受験期や試合前等、どうしても体調を崩せないときに限って風邪などをひいてしまうこともありますが、皆さんはそんなときの体調管理はどのようにしていますか?

私は、しっかり睡眠をとる、栄養が足りてないときはドリンクやサプリメントで補給する、適度に運動する、くらいですが、やはり一番大事なことは睡眠だと思います。ただ時間を長くとれば良いというよりは、自分にあった質の良い睡眠を!という感じです。

私は典型的な夜型人間なので、課題に追われているときはよく、夕方と明け方にわけて睡眠時間を確保し、一番集中できる深夜は起きているというスタイルをとります。高校生だった頃は、朝起きて学校に行かないといけないのでさすがに明け方の4時頃まで起きているということはありませんでしたが、起床時刻の6時間前になってしまったのでもう寝なきゃ!というよりは、自分が一番質の良い睡眠をとれるタイミングを見計らって寝るようにはしていました。

普段からこのような生活を送ることはあまりおすすめできませんが、集中して勉強したいときは、一番集中できる時間に合わせてライフスタイルを変えると捗ることもありますよ。ただし、試験前や試合前など、一番集中しなければならない時間が決められているときは、今度はその時間に自分のサイクルを合わせていかなくてはならないので、1ヶ月くらい前から調整していく必要があります!(所謂“時差ぼけ”への適応能力はかなり個人差があると思いますが、私はセンター試験前、起床時間を調整するのに最低でも2週間はかかりました。)

まだまだ続く暑さや台風などで体調不良気味な方もいらっしゃるとは思いますが、あまり無理せず、健康第一で夏を乗り切ってくださいね!