• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

髙橋 昂平 講師 <化学科・生物科>

Pocket

 

大学生の頃から服が好きになり、色々な格好をしてきました。

学生の頃ですのであまりお金もありませんでしたが、自分の好きなブランドの新作が発表される日は必ずチェックしに行き、年に2回のバーゲンセールの行列に朝早くから並び、古着屋にもよく通いました。

人間らしい豊かな生活を過ごすために、衣食住に気を配ることは大切だと考え、特に「衣」に重きを置いてきたというわけです。

最近は少し「衣」に対する思いが変わってきました。自分で着る服を自分自身の手で作ってみたくなったのです。2年ほど前からまずはTシャツから作り始めています。

Tシャツ1枚作るのにも色々なことを学ぶ必要があります。生地の特徴、型紙の取り方、ハサミ・ミシンの使い方などを覚え、自分の身体の寸法を計り、身体の特徴を観察し、理解します。以上のことを頭では分かっていても、時間をかけて繰り返し手を動かし、集中して何枚も作り続ける根気が必要です。

そして理想の1枚に到達するために最も重要なのは、自分はどんな服が好きで着たいと感じるのかということです。これは流行や他人の意見で決められるのではなく、多くの服を着ているうちに自分で気づくものです。

仕上がったTシャツはお店で売られているものより見栄えは劣るかもしれませんが、一過性の流行とは無関係の、着心地がよく、世界中の誰よりも自分が一番良く似合い、自由で豊かな気持ちになれるものです。

受験生の皆さんは入学試験に合格するために一生懸命勉強されていると思います。学問の基礎、本質を深く理解し、自由自在な応用力をつける。合格はゴールではありません。理想の人生を手に入れるために先人の知に学び、自分自身に問い続ける。人生を切り開くスキルとして自分に合った学問スタイルを見つけ、学び続け、心から幸せだと言える人生を送っていけるよう、微力ながらお役に立ちたいと思います。