• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

相賀 彩織 講師 <東京大学教養学部理科Ⅱ類1年>

Pocket

暑い日々が続きまさに夏真っ盛りとなってきました。みなさんはどのような夏休みをお過ごしですか?

私は今月初めに、所属している茶道部の合宿で長野に滞在してきました。長野は比較的涼しくて、日々集中して茶道の練習をすることができました。私は大学に入ってから茶道を始めたため、一からお点前の作法を習得せねばならず、非常に苦労しましたが・・・。しかし、無事にお点前を習得してお茶会を主催することができ、実り多い合宿となりました。

お点前の指導を受けながら何度も繰り返し言われたのは、「今進行中の手順だけではなく、二手先、三手先の手順を思い浮かべておくことが大事」ということでした。このことは茶道だけでなく、他のことにも言えるのではないでしょうか。私達はついつい目先のことにとらわれがちで、それが終わった後、次にどうするかについては後回しにしてしまいがちです。例えば、テスト勉強において、翌日の科目に目を奪われて徹夜し、その後の科目の勉強に支障をきたしたというような経験は誰にでもあるような気がします。受験勉強においても、目下の受験という課題の先にある、自分の夢や就きたい職業といった将来を見据えておくことは、現在の勉強がより捗ることに繋がるのではないでしょうか。

他にも印象に残ったこととしては、まとまった時間をかけて集中して練習したことで、お点前が大きく向上したことが挙げられます。今まではなかなかまとまった長時間は練習できなかったのですが、合宿では1日に約12時間もの間、個別に指導を受けることでお点前の順番を習得しただけでなく、最初に比べ、より美しくできるようになったと評価されました。

このように、まとまった時間のとれる夏休みは、様々な面で大きな伸びが期待できる時期でもあります。ぜひ、この夏休みというまとまった時間を有意義に使うことで、何かが成長したと実感できる夏になればいいですね。