• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、入会をお考えの方はこちらフリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]
(年中無休)

中野 友梨講師 <東京大学教養学部学際科学科3年> 12月分

Pocket

皆様お久しぶりです。秋ももう終わり、すっかり冬の気温となりましたね。

 

共通テストや入試本番までわずかとなりました。受験生の方は追い込みの時期だと思いますが、何より体が資本ですので、無理せずに頑張って欲しいです!

 

今月は先月と雰囲気を変え、「東大生の1日」として、私のスケジュールを紹介しようと思います。

 

  • 7:30~8:00

このくらいの時間に起き、学校に向かいます。

  • 10:30~12:00

2時間目の中国語の授業を受けます。私のいる学科では、英語を含めた外国語の単位をいくつか取得することが必須なので、毎学期いろいろな言語にチャレンジしています。

  • 12:00~13:00

学校の食堂でお昼を食べます。ものすごく混んでいるので、早めに行くことがポイントです。好きなメニューは玄米オムライスです。

  • 13:00~16:30

3、4時間目には学科の授業を受けます。それぞれ、科学教育の歴史や、感染症と社会の関わりについて学んでいます。

  • 17:00~19:00

下校し、夕食を食べた後は、趣味のプログラミングをしたり、課題をやったりしています。

  • 19:00~21:00

10月のコラムでも紹介した教育系サークルの話し合いに参加をします。高校生とのセミナーで話す内容を決めることが多いです。1ヶ月に1度対面で行われるので、その際は何人かで一緒にご飯に行きます。

  • 21:00~24:00

サークルの後は、プログラミング学習を続けたり、課題のために興味分野である人工知能の本を読んだりします。少し時間に余裕がある時は、大体Nintendo Switchをプレイしています。

 

今回紹介したのは私の一例なので、もっと知りたい人は調べてみたり、実際にオープンキャンパスや企画の場で東大生に聞いてみたりするのがおすすめです!

 

さて、次のコラムが掲載される時は、ちょうど共通テストが終わった時期かと思います。メンタル的にも勉強の進度的にも差がつく部分だと思いますので、来月のコラムでは自分がどのように過ごしたかについてお話をしようと思います。

 

皆さんが「頑張った」「充実していた」と言い切れる冬休みを過ごせるよう、応援しています!

 

今月も最後までありがとうございました。