• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。フリーダイヤル 0120-3150-54年中無休
9:00〜22:00

増木 亮太講師 <東京大学理科Ⅰ類2年> 3月分

Pocket

 

皆さん、こんにちは。この春から大学生になる方は、本当におめでとうございます。

さて、早いもので僕がこのコラムを担当させていただくのもこれで最後になります。いつも読んでいただきありがとうございました。

今月は、新しい年を迎えるみなさんの中でも、特に今年新しく大学生活を始める方に向けて、僕の思う大学生活の心得を書きたいと思います。

ついに大学生になってどのような大学生活を送りたいかといえば、サークルやバイトに勤しんで楽しい4年間にしたい、という風に考えている方が多いのではないでしょうか。

もちろん、大学生活は一生に一度しかない4年間なので楽しく過ごさないというのは損をしていると思います。ですが、大学で2年間を過ごして周りの学生を見ると、ただ楽しければ良いと考えて遊びやバイトに時間を使いすぎる人や、将来の目標が定まっておらず、勉強や将来への努力をしていない人が多いように見受けられ、それはとても勿体無いことだと思います。かくいう僕も大学に入って1年くらいの間は、いろいろなことをしましたが、なかなか夢中になれることが見つけられず漫然と日々を過ごしており、勿体無い時間の使い方をしてしまったと思っています。

少し偉そうな話をしていますが、 大学に入って最初の1〜2年の間はやりたいことを見つけるための期間だと考えています。大学に入ると、高校までと比べて人間関係が広がり、社会と関わる機会が増え、より自由に行動できるようになります。その中で、少しでも興味を惹かれたことには実際に挑戦し、すでにやりたいことが決まっている人はより本格的に取り組み始めることで、自分が興味のあることが以前に比べてはっきり見えてくるでしょう。特に、大学生になると企業や研究室を訪ねて良い経験をさせてもらうこともできますし、そうした選択肢があるということだけでも認識しておいて欲しいと思います。

もちろん、毎日を楽しく過ごされることが一番大事なこととは思いますが、大学生活にはバイトやサークルだけでなく、色々な楽しみ方があるということを頭の片隅に置いておいてハリのある大学生活を送ってもらえればと思います。

色々言っておいてなんですが、あまり気張らずとも大学での生活は楽しいものになると思います。

今年大学生になるみなさんが良い4年間を過ごされますよう願っています。1年間ありがとうございました。