• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

中野 友梨講師 <東京大学教養学部学際科学科3年> 8月分

Pocket

もうすっかり一年も半分以上が過ぎ、うだるような暑さも終わりに近づいてきているのではないのでしょうか。

 

まもなく9月です。読者の皆さんは新学期が始まったことでしょう。有意義な夏休みを過ごすことはできたでしょうか。今回のコラムでは、勉強とはまた違った視点で大学受験に触れたいと思います。

 

大学進学といえば、志望校や志望学部を決めることが不可欠です。膨大な選択肢があり、迷ってしまうという方もいるのではないでしょうか。今回は、私の高校生時代の経験をもとに、みなさんに注目してほしい点をいくつかお伝えします。進路選択の一助になれば幸いです。

 

まず、志望校を選ぶ時には、自らの勉強したい分野に合わせてあとから志望校を決める場合と、キャンパスの雰囲気などで志望校を決める2択があると思います。私はどちらかというと後者でした。それまでも漠然と東京大学を志望していたものの、高2のオープンキャパスで志望が固まりました。本郷の総合図書館の荘厳な雰囲気や、広々と学ぶことができそうなキャンパス全体を見て、ここで学んでみたい、と思うようになりました。受験が来年度以降の方は、ぜひ気になる大学に足を運んだり、様子を調べてみたりすることがおすすめです。

 

それに加えて大きな理由となるのが、先ほど紹介した前者の、やりたいことから先に決める方法です。もっとも、志望校を決めた後にも学部は決定する必要があるので、自らのやりたいことに関しては遅かれ早かれ向き合うことになるでしょう。

 

私は東京大学にある、3年次に学部を決定できる「進学選択制度」を狙っていたので、実はあまり考えていませんでした。ですが、より多くのことを広く浅く学びたい!という気持ちはあったので、あえて限定せずに、受験の時はたくさんの学部に出願していました。周りの同級生は、大学のHPをのぞいて気になった学部を受験したり、近くの大人に学部のことを聞いたりして決定していたように思います。

 

このように、周りの受験経験者に相談したり、得意なことを探して学部を決めたりすることがおすすめです。きっかけはすぐ近くにあったりするので、いまやりたいことがない方もあせらないでじっくり見極めていけば大丈夫です!

 

長くなりましたが、今回のコラムはこのあたりにしようと思います。
来月は、先月のコラムでも少し触れたように、大学の体験活動で訪れたアメリカの話を書きたいと思っています。ではまた来月会いましょう!
いろいろ紹介しましたが、皆さんそれぞれがやりきった!と思えるような夏を過ごすことができれば、私としても幸いです。実り多い夏休みになることを祈っております。