• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

中村 友香講師 <東京大学理学部生物学科4年> 4月分

Pocket

はじめまして、東京大学理学部四年の中村です。今回からこのコラムを担当させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

まずは簡単に自己紹介をします。私立の中高一貫校に入学して文理選択に悩みつつも理系を選択し、東京大学理科二類に合格しました。現在は自然人類学という、ヒトを生物の1つとして扱う学問を学んでいます。サークルは2つほど所属しており1つは武道系のサークル、もう1つは小説の創作・評論をするサークルです。趣味は読書で、わりと幅広く読むもののミステリが好きです。文章を読んだり書いたりすることが好きなので、このコラムも楽しく書かせていただいています。もしかすると文章から堅苦しいイメージを持たれてしまうかもしれませんが、友人からはマイペースと言われることが多いです。

さて、緊急事態宣言が明けるも未だ厳しい状況が続くなか新学年を迎えたわけですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私の大学生活はというと、研究室に配属されて対面で行う実習がほとんどのため、毎日朝から学校に行っています。ここ1年オンライン授業が多かったり春休みで夜更かししたりで久しぶりに早起きするのは厳しいものの、中止になった実習が再開されたのでとても嬉しいです。

また、新入生が入学したことでサークルの方では新歓(新入生を勧誘する)活動を活発に行っています。飲食を伴う活動の禁止や室内の人数制限などを行うことでできるだけ安心してサークル活動が行えるようにし、オンライン説明会なども組み合わせてなるべく多くの人に興味を持ってもらえるように頑張っているところです。歴史あるサークルでも新入生が入らず廃部に陥ることは珍しいことではないので、少なくとも自分が学生の間はそのようなことが起きないといいなと思っています。

今後のコラムで何をテーマに話すかは目下考え中ですが、自然人類学の魅力、サークルの話、おすすめの本など大学の話や日常のことをゆるゆると語るつもりです。お時間がある時に気軽に目を通していただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。