• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

竹内 靖彦講師 <慶應義塾大学医学部医学科4年> 6月分

Pocket

こんにちは。

6月に入り非常に暑い日が続きますね。扇風機だけでは既に限界を感じ、冷房をつけようか迷う今日この頃です。

さて、日々少しずつ今までの生活が戻ってきているのが感じられます。しかし、外出自粛中に崩れた生活リズムを取り戻すのに苦労している方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。家にずっといたばかりにすっかり運動不足になった方も当然いらしゃるでしょう。

そんな方にお勧めなのが、私の趣味の一つである筋トレです。

筋トレのよいところは何といっても家で簡単に運動ができるところです。めんどくさい、きついから嫌だ!という方もいらっしゃると思いますが、必ずしもそうとは限りません。例えばテレビを観るときに足を浮かしながら座るのも立派な筋トレです。自分のできる範囲でやってみるだけで高負荷な運動になり、食事、睡眠のリズムが改善されます。

特に受験生の方は睡眠不足になりがちですが、十分な休養はどの時期にも非常に重要です。私も受験生のときは毎日腹筋をしていました。当時はただ運動不足解消のためにやっていたのですが、今思うとそれが規則正しい生活に繋がっていたと感じます。

腹筋や腕立て伏せはきつくてやりたくないという方には、体をまっすぐにして前腕とつま先だけで体を支える「プランク」という種目がお勧めです。体勢を維持するだけでいいので、先ほど述べたようにテレビなどを観ながらでも可能です(ちなみに私はプランクをしたまま英単語を覚えようとしたのですが全く頭に入りませんでした)。

今はYouTubeなどで筋トレの方法が簡単に調べられるので興味があればぜひ調べてみてはいかがでしょうか。さらに飽き足らない方はスポーツジムに通ってみるのもいいかもしれません。おもりを扱うことで自分の実力や成長を数値で表すことができ、鍛えることが楽しくなってきますよ!

個人的な意見ですが、受験生にとって最も大切なのは「健康であること」だと思います。不規則な生活を送っていると、体の免疫力が低下し体調を崩す原因となります。特に今年は例年に比べてより一層体調管理に気を付けなければいけません。筋トレは心身ともに健康になるための有効な手段だと思います。筋トレが嫌な方はジョギングなど何でも構わないので適度に運動する習慣をつけてみましょう。あまり無理をしすぎず、丈夫な体を手に入れて受験を乗り切りましょう!