• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

朝日小学生新聞

朝日小学生新聞
東大蛍雪会では、 朝日小学生新聞に「中学受験コラム」を連載させていただいております。
志望校合格を目指す小学生の生徒様が中学受験を乗り切るためのコラムです。

第28回 平成23年7月:「7月の勉強法」

Pocket

東大螢雪会 朝日小学生新聞掲載
中学受験のためのコラム
(担当)東大螢雪会 学生講師

氏名:滝口 洋
現在の所属名:東京大学医学部医学科5年
出身高校名:国立筑波大学附属駒場高校
出身中学校名:国立筑波大学附属駒場中学校

東大螢雪会の学生講師の滝口と申します。東京大学医学部医学科の5年に在籍しております。このコラムの6月から8月までの全3回を担当させていただきます。今回は7月の勉強法に加えまして、科目別の勉強法として、社会と理科を取り上げます。

7月になると後半から夏休みが始まります。いろいろなところで夏休みは受験に大切だということを聞くと思いますが、本当に大切です!夏休みは時間がたくさんあるので色々なことができます。苦手な分野がある人にとっては、それを克服するまたとないチャンスとなります。また、志望校でどのような問題が出るのか実際に解いて確認したい人にとっては、まとめて過去問を解くチャンスとなります。また、夏休みには、講習をたくさんとる人も多いと思います。講習のとり方や利用の仕方は人それぞれだとは思いますが、講習以外の時間をしっかりと意識することが大事です。講習があるからといってその科目ばかりを勉強していたら、他の科目が鈍ってしまいます。また、講習が終わった後にその内容を復習しなければ効果は半減してしまいます。しっかりと計画を立てて進めてください。

次に、社会と理科について書きたいと思います。

■社会
社会は暗記すべきことがたくさんあります。私は、毎週土曜日と日曜日に実施されるテストに向けて毎回しっかりと暗記するようにしていました。ただ、それだけだと忘れてしまうので、数ヶ月ごとの大きなテストの時には全体を繰り返し暗記し直すようにしていました。また、歴史は漫画でも読みました。ただ暗記するだけではなく、背景なども知ることで、面白いと思いながら暗記することができます。面白いと思うと暗記の効率は大きく上がります。地理も日常の色々なことと関連付けて暗記すると良いでしょう。

■理科
理科も社会と同じように暗記しなければいけないことがたくさんあります。暗記すべきところは暗記するしかないのですが、なぜそうなるのか?という理由を常に一緒に考えることで単なる暗記にはならなくなり、考える力も身に付きます。また、理科特有の実験を題材にした問題では何が起きるのかという流れを理解しておく必要があります。その時も、なぜそうなるのか?という理由と一緒に整理しておくと良いでしょう。