• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

朝日小学生新聞

朝日小学生新聞
東大蛍雪会では、 朝日小学生新聞に「中学受験コラム」を連載させていただいております。
志望校合格を目指す小学生の生徒様が中学受験を乗り切るためのコラムです。

第15回 平成22年8月:「クールダウン」

Pocket

自宅などでノートパソコンを使って作業をする際に、多くのウィンドウを同時に立ち上げ、さまざまな情報を取り扱うことがあります。このような場合、作業が長時間に渡ると、パソコンの温度がびっくりするくらいに上昇し、一つ一つの動作が終わるのにイライラする程の時間がかかるようになることがあります。個人的な話ですが私の場合、いつしか、このような状態になることが当たり前となってしまい、さすがにこれでは非効率極まりないと考え、先日ノートパソコン用のクーラーパッドを購入してみました。すると、パソコンの温度が上昇することはなくなり、作業の効率も落ちることがなくなりました。

同じことが勉強にも当てはまります。受験生の皆さんは、「志望校合格のためには1分1秒も無駄にするな」とか「受験生に遊んでいる暇などない」などと言われて日々勉強に没頭していることでしょう。もちろん志望校合格のためには1分1秒も無駄にはできませんし、遊び呆けてしまうなんて論外です。しかし、ある一定時間勉強に集中したら、うまく頭を休めないと何も頭に入ってこなくなってしまいます。いかに上手く頭をクールダウンさせることができるのかということが、いかに効率的にたくさんの量をこなすことができるのかということに大きく影響を及ぼします。

また、まさか不合格になるなんて考えられない生徒さんが不合格になってしまうことがあります。そのような生徒さんは、試験日のかなり前から気合が入りすぎていて、気持ちの余裕を完全になくしてしまっていることが多いようです。合格したいという気持ちは大切ですが、それも度を越えてしまうと良い結果には結びつきません。はやる気持ちを抑えて、あくまでも冷静に勉強に取り組んでください。また、このような気持ちのクールダウンが必要なのは、生徒さんだけではないかもしれません。知らず知らずのうちに保護者の方が生徒さんよりも気合が入りすぎてしまい、それが生徒さんに伝わってしまうことがないように気をつけたいものです。

頭や気持ちを適度にクールダウンさせつつ、志望校合格に一歩一歩近づいていく。お子様と保護者様がこのようなプロセスを進むためには、マンツーマン指導の講師のような名コーチが必要かもしれません。当会は、創設以来32年間、志望校合格を目指す生徒様お一人お一人を大切に指導させていただいております。

オンリーワンの指導がお子様を合格に導きます。