• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

朝日小学生新聞

朝日小学生新聞
東大蛍雪会では、 朝日小学生新聞に「中学受験コラム」を連載させていただいております。
志望校合格を目指す小学生の生徒様が中学受験を乗り切るためのコラムです。

第6回 平成22年1月-2:「いよいよ入試本番」

Pocket

既に一部の中学校では入試が実施されております。今後も続々と各中学校で入試が実施され、受験生にとっては勝負の日々が続くことになります。試験前日は緊張のあまりなかなか眠れないかもしれません。しかし、仮に普段より睡眠時間が短くなったとしても心配せずに落ち着いて下さい。毎年、いつもほどは眠れなくても無事合格を勝ち取っている受験生が数多くおります。少々睡眠時間が足りなくても、試験の最中はそんなことを忘れてしまうほど集中力が研ぎ澄まされるものです。

そんな入試本番が迫ってくると、試験前日には何をすればよいのかという質問を受けることがあります。試験前日にこれをやれば合格の可能性がグンと跳ね上がる魔法があればよいのですが、残念ながらそんな魔法はありません。よく言われることですが、試験前日は計算問題や漢字の書き取り問題をある程度やるぐらいの軽い調整に留めておき、決して夜遅くまで根を詰めて知識の詰め込みをするようなことはやらないほうがよいでしょう。

これまで何のために受験勉強に励んできたのか?もちろん、志望校に合格するためですが、試験直前に慌てて無茶な知識の詰め込みをするような破目に陥らないようにするために努力してきたとも言えるのです。また、試験前日に少々の知識を詰め込んだところで、合格の可能性がどれほど上がるのかといえば、それはほんの微々たるものでしょう。そのために肉体的にも精神的にも疲労することを直前に行うのは、やはりお勧めできません。

自分が今までどれぐらい受験勉強を頑張ってきたのか、そのことを思い出してみて下さい。いつもいつも順調だったわけではないかもしれませんが、そのときどきでベストを尽くしてきたはずです。そのことに自信と誇りを持って一つ一つの問題に立ち向かって下さい。苦しいときには信頼できる先生との授業を思い出してうまく乗り切って下さい。当会の生徒様が持っている力を全て出し切り、志望校合格を必ず勝ち取ってくれるものと期待しております。

入試本番において、いかに実力を発揮するか。これを大きく左右するのは、普段の学習の積み重ねが、いかに効率的であったのかということになります。志望校合格を目指すお子様がそのような学習を積み重ねるためには、マンツーマン指導の講師のような名コーチが必要かもしれません。当会は、創設以来32年間、志望校合格を目指す生徒様お一人お一人を大切に指導させていただいております。

オンリーワンの指導がお子様を合格に導きます。