• プロ講師・現役東大生による完全個人指導塾&家庭教師派遣

受験や学習に関するお悩み、まずはご相談ください。(年中無休)フリーダイヤル 0120-3150-549:00~22:00[月~土曜日]
9:00~18:00[日曜日]

朝日小学生新聞

朝日小学生新聞
東大蛍雪会では、 朝日小学生新聞に「中学受験コラム」を連載させていただいております。
志望校合格を目指す小学生の生徒様が中学受験を乗り切るためのコラムです。

第1回 平成21年11月-1:「マンツーマン指導の効用」

Pocket

年々熾烈を極める中学受験。多くの小学生の皆さんは学習塾に通われておりますが、志望校への合格を確実なものとするために、家庭教師などのマンツーマン指導の講師をつけて学習を進められる方々が年々増えております。

低学年においては、自分で考えることを通じて学習習慣を身につけることが大切となり、高学年になるにつれ、自分なりの学習方法を見出し、実践することが不可欠となってきます。さらに、中学受験直前期には、最後の追い込みが本番での出来を大きく左右します。このようなさまざまな段階に応じて、マンツーマン指導が威力を発揮します。

小学生のお子様をお持ちの多くの方々から寄せられる声と理想的な解決策の一例をご紹介いたします。

【小学3年生】
中学受験のために学習塾へ通わせようと思うが、今まで勉強する習慣がさほど身についていないので心配だ。
<解決策>
勉強に積極的に取り組もうというきっかけ作りから始めて、徐々にお子様が勉強を楽しいと思うようになるよう指導し、将来の志望校合格に向けた土台作りを行う必要があります。

【小学4年生】
学習塾に通う日数が増えたため、宿題も一挙に増えてしまい、なかなかこなせていないようだ。
<解決策>
無理のない1週間のスケジュールを作成した上で、必要に応じてやっておくべき宿題を厳選し、お子様が効率的な勉強に励めるようにする必要があります。

【小学5年生】
一つの科目ばかりを勉強してしまい、他の不得意な科目の勉強量が減ってしまっているようだ。
<解決策>
不得意科目や不得意分野の克服のために丁寧な指導を行い、苦手意識を取り除いていく必要があります。その際には、単に学習面だけではなく精神面でのバックアップも必要となります。

【小学6年生】
絶対に志望校に合格させたい。
<解決策>
志望校の出題傾向や難易度を分析した上で、お子様に最適なスケジュールを作成し、効率的な勉強を進める必要があります。そうすることによって、基礎力は言うまでもなく、応用力まで無理なく身につけることができます。

このように、マンツーマン指導では、学校や学習塾のフォローアップから志望校の過去問対策まで、どのようなことにでも柔軟に対応することができます。

オンリーワンの指導がお子様を合格に導きます。