私の合格作戦|東大螢雪会

医学部 受験|私の合格作戦

ホーム私の合格作戦

 

講師との二人三脚によって、目標を達成しました!

第1志望校に合格するためには、どのような学習を進めれば良いのでしょうか?
東大螢雪会の先輩たちは、どのような生活を送り、どのような学習をして、目標を達成したのでしょうか?

当会は生徒様お一人お一人の学力や目標に合わせて個別にカリキュラムを作成し、科目毎の学習の方針、授業スケジュール、使用教材等をご提案させていただきます。

このようなカリキュラムに基づいて学習を進め、第1志望校に合格をされた方々の例をご紹介いたします。
◆ 1週間の授業スケジュール
◆ ある1日のタイムスケジュール
◆ 主な使用教材
◆ 模試の結果の推移
という4つの切り口から整理しております。

これらをご覧いただければ、当会で学習を進める際の1つの大きなメリットをご理解いただけると思います。

当会のマンツーマン指導は、生徒様お一人お一人の学力と目標に合った、効率的な指導を効果的に進めることができます。そのため、その他の塾・予備校に比べて、良質な授業を短時間で受けることができ、十分な時間をもって良質な自習を進めることができます。

当会の授業であれ、学校やその他の塾・予備校の授業であれ、「授業」とは、学力をアップさせるための情報やきっかけを得るためだけのものであり、ただ授業を受けただけでは思い通りに学力をアップさせることはできません。学力をアップさせるためには、授業の前後に行う「自習」によって、自ら手を動かし、自ら考えることが必要となります。

そのため、効率的に学力をアップするためのカリキュラムには、良質な「授業」に加えて、十分な時間の良質な「自習」が必要となります。

当会では、このようなカリキュラムを組み、これまで多くの合格者を輩出してきております。当会の指導においては、「授業ばかりを受けていて、復習する時間がない」といった声はございません。大学の受験のための勉強法、特に医学部の受験のための勉強法、さらには、中学や高校の受験のための勉強法として、参考にしていただけると幸いです。

大学受験編
高校受験編
中学受験編

大学受験編

東京慈恵会医科大学、日本医科大学、昭和大学(医)、東京医科大学、
聖マリアンナ医科大学合格 都筑 豪朗君 本科生コース <高卒部>

東京慈恵会医科大学など5校に合格した都筑君は、1浪目に某医学部専門予備校に通っていましたが、そこでの指導が講義中心であったため、自分の手を動かして問題を解くということがあまりできませんでした。2浪目に当会に入会し、授業を受ける時間を除く時間をすべて自習に充てました。来る日も来る日もありとあらゆる問題に取り組みました。その努力が見事5校合格という大きな花を咲かせたのです。

 

1週間の授業スケジュール

  • 都筑君は、英語と数学を週2回、化学と生物を週1回として、残りの時間を自習に費やしました。

ある1日のタイムスケジュール

都筑君は下のようなタイムスケジュールで勉強に励みました。また、2浪目の受験勉強に取り組むに当たって、次のような目標を立てました。

  • 英語:演習量を増やして、英語の持つ音やリズムを大切にして、頭だけでなく身体でも覚える。
  • 数学:典型的な標準問題だけでなく、思考力が求められる応用問題でも対応できるようにする。
  • 学:ひたすら暗記するのではなく、根本的な原理をしっかりと理解する。
  • 生物:化学と同じく、ひたすら暗記するのではなく、論理的かつ体系的に理解する。 
 
 

模試の結果の推移

右のグラフのように、1浪目から2浪目までの期間で、都筑君の偏差値は、

  • 英語:最大で約24アップ
  • 数学:最大で約19アップ
  • 化学:最大で約20アップ
  • 生物:最大で約23アップ

という目覚ましい上昇を遂げました。

 

主な使用教材

  • 英語:システム英単語(駿台文庫)、英熟語ターゲット1000(旺文社)、頻出英文法・語法問題1000(桐原書店)、英文解釈教室(研究社)など
  • 数学:大学への数学 1対1対応の演習(東京出版)、大学への数学 新数学スタンダード演習(東京出版)など
  • 化学:講師オリジナルプリント、セミナー化学(第一学習社)、化学Ⅰ・Ⅱの新研究(三省堂)、など
  • 生物:講師オリジナルプリント、シグマ基本問題集(文英堂)、スクエア最新図説生物(第一学習社)など
 

都筑君からのメッセージ

1浪目は医学部専門予備校に通い、ただやみくもに暗記するだけの勉強をしていました。自分なりに限界を感じたので、マンツーマンで指導してもらえる上に自習時間をたっぷりと確保できる東大螢雪会に2浪目から通うことにしました。
東大螢雪会の授業で身にしみてわかったことは、原理・原則のような基本中の基本のことをしっかりと理解することがとても大切であるということです。当たり前のことですが、土台となる部分が不安定な状態では、その上にどんな建築物も建てることはできないのです。
また、東大螢雪会では個室で自習することができました。朝一番に来て個室を予約することが日課でした。自習するときには集中するために携帯電話の電源を切っていました。どんな問題でも対応できるように、数多くの問題に挑みました。そして、どうしてもわからないことは先生に納得できるまで質問しました。
東大螢雪会で一生懸命勉強すれば必ず合格を勝ち取れるはずです。このページをお読みの皆さんも是非頑張ってください。

 
 
高校受験編

日比谷高校合格 S.M.さん 単科生コース <中学部>

日比谷高校に合格したS.M.さんは、当会に入会するまでは、塾には一切通ったことがなく、独学での勉強は非常に偏ったものになっていました。そのため、学力は不安定な状況にあり、第1志望校に合格するには多くの課題が残っていました。その後、中学3年の入試6ヶ月前に当会に入会し、不得意であった英語と数学について、担当講師の指導により徹底的に効果的な学習を進めました。その結果、学力は安定して伸び、見事日比谷高校に合格しました。

 

1週間の授業スケジュール

  • S.M.さんは、学校のスケジュールに合わせて、通常期は英語と数学を週1回として、長期のお休みには授業数を増やして実施しました。
   

主な使用教材

  • 英語:有名高校への英語(評論社)、チャート式基礎からの新総合英語(数研出版)、新中学問題集(教育開発出版)
  • 数学:新中学問題集(教育開発出版)、高校への数学(東京出版)
   

主な使用教材

S.M.さんの勉強法は、ご入会の前後で以下のとおりに変わり、志望校合格を勝ち取りました!

before

私は一切塾に通ったことがなく、勉強は独学でした。それでも中学校の成績は比較的順調だったのですが、受験勉強はそんなに甘くはありませんでした。実力テストや模擬試験で良い結果が取れないことに加え、内申点が思うように伸びなかったこともあり、かなり焦っていました。受験に対しても何をどのように勉強すべきかがわからなかったのです。本当に困っていました。

after

螢雪会での授業スタイルは、宿題を自力で解き、分からなかった問題を先生と取り組むという形だったので、毎時間集中して臨むことが重要でした。正解できた問題であっても、「どうしてこうなるのか?」「どう考えたのか?」「もっと速く簡潔に解ける方法は何か?」ときちんと私が自分で「考え」、「理解」するまで丁寧に教えてくださいました。このことでまず自分で考えることが一番大切であると分かり、それが真の実力として身に付いたのだと思います。自信を持って最後まで諦めず受験に臨めたのは螢雪会の先生方のお陰です。

 
 
中学受験編

桜蔭中学合格 M.M.さん 単科生コース <小学部>

桜蔭中学に合格したM.M.さんは、別途通っていた集団塾を四谷大塚からSAPIXに変更したため、カリキュラムの違いに戸惑っていました。そのため、学力は下降気味となってしまい、第1志望校に合格することは厳しい状況になっていました。その後、小学4年の終わりに当会に入会し、不得意であった算数について、毎週のテーマを一つ一つマスターし、テストの見直しもきちんと行いました。その結果、学力は安定して伸び、塾内でのクラスも上がり、見事桜蔭中学合格を果たしました。

 

1週間の授業スケジュール

  • M.M.さんは、集団塾のペースに合わせて、通常期は算数を週2回として、長期のお休みには授業数を増やして実施しました。
   

主な使用教材

  • 算数:デイリーサピックス、デイリーサポート、基礎力トレーニング(すべてSAPIX)、計算と一行問題集(四谷大塚)
   

主な使用教材

M.M.さんの勉強法は、ご入会の前後で以下のとおりに変わり、志望校合格を勝ち取りました!

before

私は中学受験のために集団塾に通っていましたが、算数でつまずいてしまいました。気がつくと、周りの人からどんどん引き離されてしまい、ついには算数の勉強をするのも塾に行くのもいやでいやでたまらなくなりました。ある日、母親からマンツーマン指導をお願いしたと言われました。でも、小学1~2年生の頃、その母親がつきっきりで勉強を教えてくれていたとき、少しでも間違えるとすごく叱られたことを覚えていたので、螢雪会の授業を受けるのは正直怖かったです。

after

螢雪会の先生は基礎問題や間違えた問題を何度でも丁寧に納得するまで優しく教えてくれました。もちろん優しいだけでなく、怠けると厳しく指導していただきました。また、テストの結果に一喜一憂する私に対して、「最終目標に向って頑張ろう」と励まし続けてくれました。先生と一歩一歩実力を身につけ、気づくと学力、気力共に最高の状態で受験に臨むことができ、見事合格できました。

無料教育相談 資料請求